ロボペンギン漂流記🐧

日本にはびこるあらゆる問題について綴ります。

年越し派遣村から学ぶ、日本の貧困

f:id:robopenguin:20181227191251j:plain

2008年1月4日の「年越し派遣村」に集合した当時の野党幹部の面々。

生きる希望つないだ「年越し派遣村」/派遣切りやめ、なんでも相談の「駆け込み寺」を - 小池晃参議院議員「かけある記」ブログの連載記事より

 

みなさんこんにちは。ロボペンギンです。寒い年末、いかがお過ごしでしょうか。

今回は、今年の年末年始で10周年を迎える「年越し派遣村」を取り上げたいと思います。

 

2008年9月15日、100年に一度の大恐慌と称された、リーマン・ショックが起こりました。リーマン・ショックの影響は世界中を駆け巡り、日本では大企業によって派遣労働者などが大勢解雇される「派遣切り」が大流行。日本中に失業者が溢れかえりました。

その年の大晦日反貧困ネットワークを構成するNPO団体を中心にボランティアが集まり、日比谷公園で炊き出しの提供や生活相談会などを実施する、通称「年越し派遣村」が設営されたのです。「年越し派遣村」は2009年1月5日まで実施されました。

年越し派遣村は日本国内の貧困問題を可視化した慈善活動であったと同時に、地方都市を含めた生活困窮者を対象にした支援活動の全国各地へ拡大する火付け役になりました。

 

リーマン・ショックが起こる前からも、日本はたくさんの貧困問題を抱えていました。2006年から2007年にかけて、すでに当時からテレビで「ネットカフェ難民」や「ワーキングプア」などの言葉が報じられていました。その陰にあるのは、2003年と2004年に小泉純一郎政権の下で行われた、派遣法の改悪です。

この改悪では、例外扱いで禁止だった製造業及び医療業務への派遣解禁が決定しました。さらに専門的26業種に関しては派遣期間が3年間だったものを、無制限に改正されました。

派遣労働者は一生派遣のまま働かされる。そして、いつ企業の都合でクビを切られるのかが分からない。そんな不安定な雇用形態はこうして完成したのです。

 

年越し派遣村」から10年経つ2018年の現在でさえ、消費税8%増税から引きずられている個人家計消費の落ち込み、失業者の増加、平均株価の暴落が今もなお続いています。アベノミクスは確実にワシら国民の暮らしと資本経済にも大ダメージを与えています。

ワシの持論になりますが、アベノミクスとは、庶民を苦しめ金持ちが富を独占することが目的なので、安倍政権やそのオトモダチ、大企業にとっては大成功なのではないかと考えております。彼らにひと泡吹かせるためには、来年の参議院選挙に国民の大半以上が必ず野党候補に投票し、政権交代への足掛かりを作らなければなりません。さもなくば、国民の暮らしはさらに首を絞められ、貧困による死者が増える時代に突入するでしょう。

ただでさえ高い消費税が10%に増税されるのが来年の10月。その直前に参議院選挙・統一地方選が待っています。この増税反対を明確なスローガンに野党と国民が結束すれば、選挙で大きな成果を生むのではないでしょうか。

 

最後に、山本太郎参議院議員がまとめてくださった、全国各地の今年の炊き出し・生活相談会の情報へのリンクを載せておきます。生活が苦しい方々はぜひご一読くださいませ。

ameblo.jp

 

あなたの生活が苦しいのは、あなたのせいじゃない。政治が仕事してないからです。

 

それではみなさま、良いお年を。そして来年こそ政治をひっくり返してやりましょう!

 

2018年12月27日

ロボペンギン

辺野古土砂投入強行について。

みなさんこんにちは。ロボペンギンです。

 

2018年12月14日。沖縄にとって屈辱的な日となりました。

 

早朝、日が昇る前からのたくさんの市民による抗議活動があったにもかかわらず、政府と琉球セメントは問題になっていた土砂投入を強行しました。抗議する市民の中には車椅子に押された、あの島袋文子おばぁご本人もいらっしゃいました。

 

真っ青な綺麗な海に、真っ赤な土砂が初めて降り注ぎました。政府が埋め立てようとしたのは辺野古サンゴ礁だけではない。沖縄の人々の平和を希求する心、子供たちに基地を残したくないという願いまでをも土砂と強権政治で踏みにじったのです。これだけでも万死に値すると感じます。

 

ワシはその一部始終をツイキャスの生配信で観ておりました。虚しかった。そして哀しかった。お金さえあればすぐにでも沖縄へすっ飛んで、沖縄の人たちと一緒に抗議したかった。政府への満身の怒りは当然ですが、なにより生活保護で何も手を出せなかった自分を恨みました。

 

せめてなにもしないよりはマシだと思い、土砂投入翌日の新宿アルタ前で、ツイッター市民有志によるサイレントデモに参加致しました。

 

当日はなんと全労連さんの街宣車がアルタ前に陣取っておりビックリ致しました。全労連のとある高齢の男性スタッフから「俺たちも(土砂投入強行は)おかしいと思ってる。俺たちも声をあげ続ける。一緒に頑張ろうな。」と激励のお言葉を頂きました。冗談抜きで嬉しかったです。

 

最初の土砂は投入されてしまいましたが、まだ辺野古の海が死に絶えたわけではありません。まだ沖縄の闘いは終わっていないのです。本土にいるナイチャーのワシらも力になれる方法があります。

 

なんと、ハワイにお住いのロバート・カジワラさんという在米ウチナーンチュ4世の男性が、アメリカのホワイトハウスに対し辺野古大浦湾の埋め立て停止を請願するネット署名を立ち上げました。そのURLがこちらです↓

 

https://petitions.whitehouse.gov/petition/stop-landfill-henoko-oura-bay-until-referendum-can-be-held-okinawa

 

f:id:robopenguin:20181217073701j:image

 

アメリカのHPなので、署名もローマ字でお願いします。メルアドも必要です。チェックボックスにチェックしてから「Sign Now」ボタンをクリックしてください。

 

忘れて欲しくないのがメール承認です。クリック後に入力したメルアドに確認メールが届きますので、メール内の承認ボタン(Confirm から始まる一文)をクリックしてください。署名完了のページが表示されたら成功です。そしてさらに、お友達やご家族に署名をシェアして頂けたらなおカンペキ。

 

来年の1月7日が締め切り、最低でも10万人のご署名が必要です。少しでも多く拡散をお願いします。

 

『勝つ方法は、"あきらめない"こと』。

 

圧政に立ち向かうデニーさんと沖縄の人たちにエールを。

 

ちばらなやーさい‼️

 

まきてーないびらんどーっ‼️

 

 

2018年12月16日

ロボペンギン

ツイキャス番組、はじめます。

みなさまこんにちは。ロボペンギンです。

 

今回は、ブログというよりも告知でございます。

 

わたくしロボペンギン。ツイキャスで配信活動します。

 

「え?なんで?どうして?」と思う方いらっしゃると思います。それも当然、あまりにも唐突すぎるのだから。それでもワシは、今こそ市民ひとりひとりが出来ることをする必要があると、そう感じたんです。

 

もともとワシは音楽大学の声楽専攻。だから、声だけはいっちょまえ。逆に言えば声しか取り柄のない身分なんです。今これを書いている瞬間も苦しんでいる人がいる。虐げられている人がいる。でも怖くて悲鳴をあげられない人もその中にいる。

精神障害を後天的に抱えてしまった人々の大半は、ブラック企業や心のない家族から裏切られ、差別され、見捨てられた人たちです。家の中に引きこもって外出すらできなかったり、体中が恐怖に支配されて寝たきりの人もいるんです。

 

...だったら、彼らの代わりにデカい声で、ワシが悲鳴を上げるしかないじゃないか!!差別される恐怖から逃げきれずに悲鳴すら上げられない。そんな人たちのために、彼らに代わって市民の悲鳴を伝える活動をしたいと思ったんです。

 

クサイものにはフタをすればいいかもしれない。でもそんなこと言ってられない世の中です。フタをとってでもクサイものがある、その真実から目をそらさずに、それに立ち向かうための仲間を増やしたい。

 

買ったばかりの食べ物を冷蔵庫に入れて、次の日にその食べ物が腐っていたらあなたはどうしますか?まず、冷蔵庫が故障してないかを疑いますよね?政治の世界だって同じなんですよ。

 

だから、世の中にはびこっているあらゆる不条理に対してあきらめる必要はない。だって、「不条理」を生み出すことを良しとするシステムが、今の日本の「政治」なんだから。

 

なぜ「不条理」が生まれてしまうのか。システムの欠陥を見つけ出して、その個所を適正にメンテしたり、「不条理」の被害を受けた人たちのアフターケアをする。それが政治の本来の仕事であり、使命だと思うんです。

 

いまあなたの生活が苦しいのは、あなたのせいなんかじゃありません。国の政治が仕事をしてないからなんです。いまこの国のトップにいる人間たちは、他人の命よりも札束が大好きな連中。だからこんなにめちゃくちゃな世の中なんです。

 

だからこそ、日本中の人たちが声をあげてほしい。他人の痛みや苦しみに怒りを持てる人間に生まれ変わってほしいんです。

 

ワシはそのために声をあげたいと思います。

 

番組の詳細・構成はまだ粗削りです。配信を重ねるごとにどんどん分かりやすくお伝えできるように努力していきます。よろしく。

 

2018年12月4日

ロボペンギン。

 

 

戦争がもたらす問題。第一次世界大戦が教えてくれること。

f:id:robopenguin:20181125114710j:plain

フランスの戦場跡、Zone Rougeのフェンス。「死亡の危険あり」と書かれている。

みなさまこんにちは。ロボペンギンです。

今回は「戦争がもたらすあらゆる問題」についてお話します。

2018年11月11日。あの第一次世界大戦終結してから丸々100年が経ちました。つい最近ですね。第二次世界大戦もそれなりにひどい戦争でしたが、この大戦がもたらしたあらゆる問題は数え切れません。

そんな凄惨な第一次世界大戦。今回は兵器開発・植民地兵・動物虐待・環境破壊。この4つの視点から見て語っていきます。

 

第一次世界大戦で登場した新兵器・新技術

この大戦では、ライフル、機関銃、拳銃だけでなく、様々な大量破壊兵器化学兵器が初めて実戦投入されました。

毒ガス、火炎放射器、戦車、装甲列車、航空機や飛行船、対空砲が初登場したのは第一次世界大戦です。

f:id:robopenguin:20181125114857j:plain

太平洋戦争で米海兵隊が使用した火炎放射器は、この頃すでにドイツ帝国軍が使用していた。

f:id:robopenguin:20181125114923j:plain

記念撮影をするイギリス戦車隊の将兵

f:id:robopenguin:20181125114947j:plain

満州で撮影されたポーランド装甲列車「シミャウィ」と日本軍将兵

②見たこともない祖国のために死んでいった植民地兵たち

この大戦では、ヨーロッパの列強が中心になって戦争に加担しました。

中央同盟国にはドイツ帝国オーストリア=ハンガリー帝国オスマン帝国などが。

対する連合国にはフランス共和国、イギリス帝国、ロシア帝国イタリア王国アメリカ合衆国、そして大日本帝国などが参戦しました。

この頃はほとんどの国家が帝国主義でした。帝国主義の国々は多くの植民地を保有していました。イギリスはインドやオーストラリアを、ドイツはアフリカのカメルーンなどを統治していました。

参戦国は、不足していた兵力を補充するために、植民地の住民にも戦闘服を着させ、ライフルを持たせました。その多くは有色人種と呼ばれる人々でした。アメリカでも奴隷の末裔であるアフリカ系の移民を徴兵し、黒人部隊を組織しました。

彼らの多くは、見たこともない祖国のために、戦場で命を落としたのです。戦争さえなければ、彼らは友達になれたかもしれません。

f:id:robopenguin:20181125121751j:plain

イギリス帝国インド領から徴兵された、ターバンを巻いたインド兵たち。

f:id:robopenguin:20181125121805j:plain

アメリカ合衆国陸軍に徴兵された、黒人部隊の兵士たち。

③戦争に連れていかれた動物たち

戦争で犠牲になったのは、人間だけではありませんでした。

イヌは軍用犬として、ネコはネズミ捕り係として。

ウマやロバ、ラクダは食料・武器弾薬を運ぶ乗り物として。

そして平和の象徴であるハトも、砲撃座標を伝えるための伝書鳩として利用されました。

戦争とは、あらゆる命すべてを消耗品にする、愚かな行為なのです。

 

f:id:robopenguin:20181125123046j:plain

ガスマスクをかぶらされ、兵士の傍に待機するドイツ帝国軍の軍用犬。

f:id:robopenguin:20181125123203j:plain

戦場へ向かう船に引き上げられる馬。

④100年たった今でも残る不発弾

最後に、フランスの大地に今なお残っている環境問題をお話します。

フランスの国土はヴェルダンの闘い、ソンムの闘い、ニヴェル攻勢など西部戦線の主な激戦地となりました。

主な戦場はフランスのあらゆる農村でした。農家が砲弾の大雨で瓦礫になり、田んぼや畑はボコボコになりました。

そんな第一次世界大戦の戦場跡であるゾーン・ルージュ(Zone Rouge)は、100年経過した今もなお無数の不発弾が地中に埋まっているため、長いフェンスに囲まれています。不発弾を処理する作業員以外は立ち入ることができません。

毒ガスや不発弾の鉛が漏れ出て土壌が汚染されている所もあります。一度汚染された土地では二度と作物は育ちませんし、畑として使えません。

環境にやさしいエコな兵器など、100年たった今でさえ存在しないのです。

f:id:robopenguin:20181125125944j:plain

兵士の骸骨と水筒らしき金属容器。左側にはルイス機関銃の弾倉が転がっている。

f:id:robopenguin:20181125125953j:plain

約100年間野ざらしで放置されてきた砲弾の山。

f:id:robopenguin:20181125125956j:plain

Zone Rougeから出土したライフル銃の山。当時の銃火器本体には木材が使われていたが木材は朽ち、金属部分のみ残っている。

f:id:robopenguin:20181125130004j:plain

同じく出土した、酸化したライフルの弾薬。これが地中に大量に埋まっているため、作業員は危険だ。

 

いかがでしたでしょうか。

戦争は国家ぐるみの殺戮行為です。いいことなんて1つもありません。

今、日本は戦争への道を突き進んでいます。ワシはこれからも、平和主義を壊す憲法改正に反対し続けます。

ご清聴ありがとうございました。

 

2018年11月25日

ロボペンギン

 

ロボペンギンが訴える児童虐待防止政策!!

みなさまこんにちは。ロボペンギンです。

前回、いかに自民党政治児童虐待の温床を作り出したのかをお話させて頂きました。

今回は、その現状を踏まえ、ワタクシロボペンギンが思いついた・あるいは野党と共通する政策を訴えさせていただきます。大きく分けて3つです。

 

まず、児童虐待を生む大きな原因はナニか?

自民党政治による雇用破壊・労働環境破壊政策でしたね。

そこでまず1つ目。ドドン。

 

①非正規雇用を廃止し、最低賃金1500円にあげろ!!

 

カンタンですよね。書いた文字そのまんまです。正規・非正規の格差を撤廃して、お給料を相応なお値段にあげれば、貧困はほぼ解消します。労働時間も8時間で済むハズです。

 

次に、貧困世帯増加の原因を生んだのはナニか?「消費税」ですよね。

大企業にだけ減税して一般庶民から増税でしぼりあげてきた消費税。もうこれに頼る税政はやめましょう。

そこで2つ目です。ドドン。

 

②消費税は完全に廃止して、法人税50%に戻せ!!

 

消費税が始まった時、1990年当時の法人税は約50%でした。それがドンドン減税されて、現在ではなんと約29%。バブル崩壊直後当時の税率に比べておよそ半分にまで減税されてるんですね。

更に、大企業の利潤ファーストである経済政策、通称「アベノミクス」によって、例えばトヨタ自動車には内部留保が20兆円も溜まっているんだとか。

国内の大企業・上場企業は過去空前の利益を、あのバブルの時よりも儲かっているんです。

だったら彼らから然るべき税率で法人税を頂戴しようではありませんか!!

年金や生活保護を始めとした社会保障費も、これでラクラク捻出できます。財源がないとは言わせない!!

 

そして、次に訴えるのはワタクシのオリジナルな政策かもしれません。

児童虐待の被害者である子どもたちや若者たち。本来ならば児童相談所などが保護して、独立の算段をサポートし、一人暮らしへの道を提供するべき行政が仕事をしてません。

この不充分な支援を拡充しなければなりません。そこで3つ目!ドドン。

 

生活保護受給申請のハードルを下げて、被虐待児には一定額の給付金で毎月賠償しろ!!

 

政治が生み出した社会問題に子どもたちを巻き込んだのだから、行政が被害者の子ども・若者に対し賠償をする。

これは人の命・生活を守る行政として当たり前の責任だと、ワシは思うわけです。虐待による後遺症で働けない子たちに対しては、尚更賠償するべきです。

生活保護費を構成する生活扶助・住宅扶助にプラスして「児童虐待被害者給付金」という形で援助・賠償をしていく事は充分に可能だと考えます。巨額の内部留保も頂戴できるのだし。

 

それに加え、日本の精神医療は世界に比べて大変遅れてます。なぜならば、精神科の医師たちの多くが精神障害者及び生活保護受給者に対して差別意識を持っているからです。

更に、精神障害者に対する医療負担軽減制度も不充分で、患者さんの負担は未だに大きいのです。例えば、障害年金申請用の診断書の発行代がいくらなのかご存知ですか?なんと平均で15000円ですよ?普通の診断書は平均5000円なのに…。

生活保護頼りの精神障害者にそんなお金払えません!!

 

そして何より、被虐待児をケアすることにより、次世代への不毛な虐待の連鎖を断ち切る事が出来るのです。

 

以上、ロボペンギンの考える児童虐待防止三大政策でした。

 

ご清聴ありがとうございました。

 

2018年11月24日

ロボペンギン

児童虐待を生んだのは政治だ!!

みなさまこんにちは。ロボペンギンです。さっそく記事第1号を書いていきます。

今回のテーマは、「児童虐待を生んだのは政治」です。

大きく3章に分けて説明致します。

 

①そもそも「虐待」ってナニ?おいしいの?

 

「虐待」というワードにピンとこない。そんなあなたのためにご説明いたします。

端的に申し上げますと「虐待」とは、人道的にむごい扱いをする行為全般を指します。

人間に対し暴力を振るう、無視をする、差別で傷つける、嫌がらせするなどなどなど。人の肉体及び精神にダメージを与える行為をひっくるめて「虐待」と呼びます。

夫から妻へのDV(家庭内暴力)、学校内でのいじめ。セクハラ・パワハラアルハラなどのあらゆる「ハラスメント」と名が付く行為も「虐待」です。

更には、わいせつ行為、レイプに至るまで「虐待」に含まれます。

 

②「児童虐待」はナゼ起きるのか?

 

「虐待」の中でも子どもたちがターゲットにされる虐待を「児童虐待」と呼びます。

テレビをつけると、月に1度くらいはニュース番組の中で、児童虐待で逮捕される父親・母親の姿をご覧になったことがあると思います。

なぜ、児童虐待で罪のない子どもたちが自殺し、餓死し、あるいは殺害されてしまうのか。

被虐待児であるワシは、おおまかに2つの原因があると考えます。

 

1つ目は、虐待の連鎖です。

児童虐待の加害者だって人間の子です。虐待したくてしているわけではございません。

加害者の多くは、実の親世代からも虐待を受けていた事が珍しくないのです。

虐待された子どもは、精神に障害を抱えたまま大人になり、親になっても子どもの幸せを素直に喜べない。なので虐待に走ってしまう。そういう事例がたくさんあります。

 

2つ目は、企業・会社による労働者への差別行為です。

親だって大半は労働者です。どこかの職場に勤め、家族を養うための生計を立てている訳です。

その労働者が会社からどんな事をされているか想像できますか?

まず生活に密着する問題として「低賃金」による「貧困」家庭の増加。

次に企業が好きな時に労働者のクビを切れる「非正規雇用」の拡大。

そして労働基準法を無視した「長時間労働サービス残業」の蔓延。

思いつくだけでもこの3つが労働者を苦しめています。いわゆる「ブラック企業」ですよね。ブラック企業の増加は労働者をあらゆる面で苦しめます。

当然、労働者は間違いなく激しいストレスに襲われ、普通の人間なら精神崩壊しちゃいます。無理もありません。

そして会社から労働者へ押しつけられたストレスの矛先はどこに向かうか分かりますか?

...労働者の子どもです。罪のない子どもたちです。

そして、親から虐待を受けた子どもたちのストレスはどこに向かいますか?

...同じ学校に通う子どもや先生です。そういう子どもがイジメや非行・少年犯罪に手を染める訳ですよ。

 

こんな社会にだれがしたんだ!!

次にそれに関して述べたいと思います。

 

③「児童虐待」の原因は政治にあり!!

 

「ちょっと。なんでいきなり政治の話になるの?」と思われた方、少々お待ちを。

あなたはナゼ、青信号で進んで赤信号で止まるんですか?

...「道路交通法」を守るためですよね?

あなたはナゼ、消費税を支払わないとモノを買えないんですか?

...「消費税法」を守るためですよね?

つまり、我々の生活のあらゆる行為を構成しているのは「法律」なわけです。

その法律を決めているのはどこですか?...「国会」ですよね?

だから「政治は生活そのもの」といっても全然大げさじゃないんです。

 

では、話を戻しましょう。ナゼ「政治」が児童虐待の原因なのか。

社会のエンジンにあたるのが政治。いわゆる「行政府」である訳です。

最近の国会中継では、野党の議員の皆様が「高度プロフェッショナル制度反対」「入管法改定反対」などを口酸っぱく訴えてますよね。

今の政権与党である自民党公明党もそうですが、民主党政権になる以前の長年にわたる自民党政治によって、日本の雇用・労働環境は悪化していきました。労働者にとって不利、経営者にとって有利な法改正が進められてきたからです。

企業が支払わなければならない「法人税」を大企業に対して減税。そしてその穴埋めとして我々一般庶民が支払わなければならない「消費税」を増税。平成になってこれらを長年やってきたのが、自民党政治です。

1990年に3%で産声をあげた消費税は、1997年に5%、2014年に8%に値上げされてきました。

そして今の安倍総理大臣は「2019年10月に、消費税10%に引き上げます」と宣言しました。

ただでさえ低賃金なのに、国民の衣食住にかかわる消費税を増やす。

するとどうなりますか?...貧困がますます増えるだけですよね。

そして貧困家庭の子どもたちはどうなりますか?

 

ハッキリ言いますよ。

 

腐敗した政治で労働者が差別され、その労働者が子どもにやつあたる。

だから「児童虐待」はなくならないんです。

 

今回はここまで。次回は、「どうすれば児童虐待を減らせるのか?」についてお話ししたいと思います。

ご清聴ありがとうございました。

 

2018年11月24日

ロボペンギン

ロボペンギンの自己紹介。

みなさまはじめまして。この度ブログなるものを始めました、ロボペンギンというものです。

 

このブログでは、今日本国内にはびこっているあらゆる問題について、ワシなりの見解をつづっていこうと考えております。

 

まずはワシの基本的な自己紹介から。

 

「ロボペンギン:robopenguin」

 

年齢:20代後半

性別:いちおうオス

出身地:静岡県のとあるサビれた漁師町。

最終学歴:とある私立音楽大学を卒業。元声楽専攻(バリトン)。

趣味:主に囲碁、将棋、花札などのアジア発祥のテーブルゲーム

そして元鉄オタ、元ミリオタ。

 

以下、生い立ち:

 

自衛隊員の父親、パソコン教師の母親の間に生まれる。

 

幼少期から、主に父親から虐待行為を受ける。兄弟間差別を受け、3歳年下の妹の世話係を命じられる。

 

小中学生時代、学校ではイジメ、家では虐待のダブルパンチな日々を送る。

「軟弱だから鍛えてもらえ」と自衛隊入隊試験を強制受験させられる。

幸い二次試験の面接で、面接官に不合格を懇願し、難を逃れる。

 

名古屋市内のとある進学校に進学し父親からは逃げられたが、今度は父方の祖母宅に居候したため、その祖母から虐待を受ける。

 

高校1年末期に、母親の助けで祖母宅から脱出。名古屋市内の賃貸を借り、初めての一人暮らしを経験。その際精神科を受診し、発達障害及び虐待の後遺症を診断される。

 

高校側の指導で静岡県に戻り、とある定時制高校に転校。2年間療養しながら通学。そして母親の念願で私立の音楽大学を推薦入試で合格。4年間で貸与奨学金約900万円のハンデを抱えて生活。

 

大学卒業後、母親のパソコン教室の経営難を引き金に、母親からの不当な借金の押しつけ・大学院進学の押しつけが始まる。借金支払い・大学院受験共に拒否したため、母親からのストーカー行為が頻発。バイト先まで尾行されたため、上司から退職命令を受け無職となる。

 

そんなある日、発達障害者支援団体から共産党のとある市議会議員を紹介される。それを皮切りに、共産党関係者の協力を得ながら、生活保護の申請に必要な書類を揃え、無事に生活保護受給をスタート。その際、児童虐待多発の原因は行政の腐敗にあることを知り、現在は自民党政治に怒りを燃やす日々を送っている。

 

以上、生い立ちでした。

 

被虐待児を代表して、今の腐った政治にモノ申していきたいと思います。

 

こんなワシですがよろしく!!

 

2018年11月24日

ロボペンギン