ロボペンギン漂流記🐧

日本にはびこるあらゆる問題について綴ります。

児童虐待を生んだのは政治だ!!

みなさまこんにちは。ロボペンギンです。さっそく記事第1号を書いていきます。

今回のテーマは、「児童虐待を生んだのは政治」です。

大きく3章に分けて説明致します。

 

①そもそも「虐待」ってナニ?おいしいの?

 

「虐待」というワードにピンとこない。そんなあなたのためにご説明いたします。

端的に申し上げますと「虐待」とは、人道的にむごい扱いをする行為全般を指します。

人間に対し暴力を振るう、無視をする、差別で傷つける、嫌がらせするなどなどなど。人の肉体及び精神にダメージを与える行為をひっくるめて「虐待」と呼びます。

夫から妻へのDV(家庭内暴力)、学校内でのいじめ。セクハラ・パワハラアルハラなどのあらゆる「ハラスメント」と名が付く行為も「虐待」です。

更には、わいせつ行為、レイプに至るまで「虐待」に含まれます。

 

②「児童虐待」はナゼ起きるのか?

 

「虐待」の中でも子どもたちがターゲットにされる虐待を「児童虐待」と呼びます。

テレビをつけると、月に1度くらいはニュース番組の中で、児童虐待で逮捕される父親・母親の姿をご覧になったことがあると思います。

なぜ、児童虐待で罪のない子どもたちが自殺し、餓死し、あるいは殺害されてしまうのか。

被虐待児であるワシは、おおまかに2つの原因があると考えます。

 

1つ目は、虐待の連鎖です。

児童虐待の加害者だって人間の子です。虐待したくてしているわけではございません。

加害者の多くは、実の親世代からも虐待を受けていた事が珍しくないのです。

虐待された子どもは、精神に障害を抱えたまま大人になり、親になっても子どもの幸せを素直に喜べない。なので虐待に走ってしまう。そういう事例がたくさんあります。

 

2つ目は、企業・会社による労働者への差別行為です。

親だって大半は労働者です。どこかの職場に勤め、家族を養うための生計を立てている訳です。

その労働者が会社からどんな事をされているか想像できますか?

まず生活に密着する問題として「低賃金」による「貧困」家庭の増加。

次に企業が好きな時に労働者のクビを切れる「非正規雇用」の拡大。

そして労働基準法を無視した「長時間労働サービス残業」の蔓延。

思いつくだけでもこの3つが労働者を苦しめています。いわゆる「ブラック企業」ですよね。ブラック企業の増加は労働者をあらゆる面で苦しめます。

当然、労働者は間違いなく激しいストレスに襲われ、普通の人間なら精神崩壊しちゃいます。無理もありません。

そして会社から労働者へ押しつけられたストレスの矛先はどこに向かうか分かりますか?

...労働者の子どもです。罪のない子どもたちです。

そして、親から虐待を受けた子どもたちのストレスはどこに向かいますか?

...同じ学校に通う子どもや先生です。そういう子どもがイジメや非行・少年犯罪に手を染める訳ですよ。

 

こんな社会にだれがしたんだ!!

次にそれに関して述べたいと思います。

 

③「児童虐待」の原因は政治にあり!!

 

「ちょっと。なんでいきなり政治の話になるの?」と思われた方、少々お待ちを。

あなたはナゼ、青信号で進んで赤信号で止まるんですか?

...「道路交通法」を守るためですよね?

あなたはナゼ、消費税を支払わないとモノを買えないんですか?

...「消費税法」を守るためですよね?

つまり、我々の生活のあらゆる行為を構成しているのは「法律」なわけです。

その法律を決めているのはどこですか?...「国会」ですよね?

だから「政治は生活そのもの」といっても全然大げさじゃないんです。

 

では、話を戻しましょう。ナゼ「政治」が児童虐待の原因なのか。

社会のエンジンにあたるのが政治。いわゆる「行政府」である訳です。

最近の国会中継では、野党の議員の皆様が「高度プロフェッショナル制度反対」「入管法改定反対」などを口酸っぱく訴えてますよね。

今の政権与党である自民党公明党もそうですが、民主党政権になる以前の長年にわたる自民党政治によって、日本の雇用・労働環境は悪化していきました。労働者にとって不利、経営者にとって有利な法改正が進められてきたからです。

企業が支払わなければならない「法人税」を大企業に対して減税。そしてその穴埋めとして我々一般庶民が支払わなければならない「消費税」を増税。平成になってこれらを長年やってきたのが、自民党政治です。

1990年に3%で産声をあげた消費税は、1997年に5%、2014年に8%に値上げされてきました。

そして今の安倍総理大臣は「2019年10月に、消費税10%に引き上げます」と宣言しました。

ただでさえ低賃金なのに、国民の衣食住にかかわる消費税を増やす。

するとどうなりますか?...貧困がますます増えるだけですよね。

そして貧困家庭の子どもたちはどうなりますか?

 

ハッキリ言いますよ。

 

腐敗した政治で労働者が差別され、その労働者が子どもにやつあたる。

だから「児童虐待」はなくならないんです。

 

今回はここまで。次回は、「どうすれば児童虐待を減らせるのか?」についてお話ししたいと思います。

ご清聴ありがとうございました。

 

2018年11月24日

ロボペンギン